カメラ、AppleはiPhone 8の上に垂直方向に配置されたデュアルカメラのデザインを計

カメラ、AppleiPhone 8の上に垂直方向に配置されたデュアルカメラのデザインを計画し、まだ凸デザインであるというニュース。三つの新しいiPhoneは、最新のソニーのセンサーが装備され、電界効果のよりよい異なる深さを提供することに加えて、デュアルカメラのこの垂直方向の配置は、また、拡張現実の分野で役割を果たします。 シャネルiphone7ケース Appleは9月8日の前にiPhoneをリリースし、今年6月にWWDCWorldwide Developers ConferenceでのiOS 11オペレーティングシステムの最新世代を解放する最初のことが予想されます。 iOSの11は、新しいユーザーインターフェイスをもたらすことが報告されており、iPhone 8アップルの新しい10ナノメートルプロセッサが装備されます。 エルメス iphone8ケースそれは主流の16ナノメートルプロセス技術は、効率、消費電力とパフォーマンスのかどうか、劇的に増加している今よりもこのプロセッサは、10ナノメートルプロセスで製造されています。もちろん、そこでの生活の効果の向上のための破壊的変更できなくなりますので、私たちはあまりにも高い期待を持っていません。 シャネルiphone7ケース あなたが本当にiPhone 8の後半のデビューを楽しみにされている場合は、注意が必要な一つのことがあります。それは、設計と組み立てであるため、新しいiPhone 8大きな改善であるため、収量と収量構成要素に影響されますので、市場投入までの時間を遅らせる可能性が高いです。 iPhone7ケース香水風最近、我々は十分に聞いたニュースiPhone 8、曲面スクリーン、Homeキーと、既にお馴染みのように多くの改良をキャンセルするには、Appleはこの機能をするのでしょうか?もちろんそうではありません!特許の最近の暴露は、準備ができてAppleiPhoneの背面で大騒ぎを作ります。 タッチセンサ構造に新たな電子機器の融合を構築するAppleの準備ができて、米国特許商標庁から特許、。 iPhone7ケース シャネル風 このような装置はタッチで胴体センサの各部分を備えており、ユーザの入力方法は、大きな変化であろう。さらに、物理的なボタンのタッチセンサは、機体の音量制御キー反対側は置換されます。 シャネルiphone7 plusケース一方、Appleはまた、他の操作を実行するためにページをスクロールまたはフリップバック迅速なセンサ本体の使用など、新しいUIを開発することができます。 実際には、胴体の背中を使用すると、背面タッチパッド上のソニーPSヴィータハンドヘルドがインストールされているが、タッチパッドを使用して新しい概念ではない、ユーザーは、レースゲームのシフトレバーとして多くのレースゲームや行為の視点を切り替えることができます。 7Plusケースシャネル おそらく、LEDランプのポストに写真を撮る以外のスマートフォンの分野では、開発は、まだ携帯電話の非常に限られて帰ってきた携帯電話の背面、または電子インクディスプレイ、太陽電池パネルによって作られたいくつかの新しいメーカーに加えて、指紋リーダーです。スマートフォン2年間は、[キャンセル]ボタンを示している場合、包括的な改築曲面スクリーンは、技術革新、さまざまなメーカーのための十分な余地を提供します電話機の背面を滑らかに、業界の新しいトレンドになるだろう。 アイフォン7シャネル一方、バック、携帯電話の使用に関するさまざまなメーカーの製品の差別化の重要な焦点となります。 もちろん、簡単な特許は、本当に現実のものとなったことがない多くの特許があるすべての後に、Appleの次世代製品はすぐに、採用することを意味するものではありません。 シャネルiphone8ケースしかし、それは理にかなっているAppleの良い携帯電話の開発を新しく、革新的なソリューションを背上げで与えられました。 本質的には、アップル社の3Dタッチでモバイルバック機能の開発は同じ性質のものであり、彼らはiPhoneの機能を強化するために、将来のための新たな入り口を提供し、コア機能に影響を与えることなく、相互作用のレベルを増加しています。 グッチ iPhone7ケース

これは、iPhone 8があるため、製造中に発生した技術的な課題の延期、ことが報告され

これは、iPhone 8があるため、製造中に発生した技術的な課題の延期、ことが報告されている新しい3Dセンサーのフロントカメラに加えて、新たな曲面OLEDスクリーンを扱う際に、取引先の積層プロセスはまた、それらに対処するのは非常に複雑である問題が発生しました。 iPhone 5以来、AppleiPhoneは、iPhone 4Sは早い10月にリリースされている間、9月にリリースされた各世代揺るぎないあり、その後、iPhoneが6月に発売正式だっ移動します。 エムシーエムiphone7ケース より多くの証拠iPhoneが毎年、私たちは、ニュースの支援で生産に支障のニュースが、今年を聞きます。 3月上旬、Appleが3Dフロントカメラアセンブリを生成するために十分な時間を必要とするため、iPhone 8は、9月中上場後まで延期されることを報告しています。 ルイヴィトンiphone7ケース また、4月には毎年、iPhone保護シェルの次の世代があるだろう、デザインや植物率直なスパイ写真が漏れたが、今年、このようなメッセージが突然姿を消しました。 Appleはセキュリティの仕事を強化していないということを思われる、つまり、デバイスは、まだ量産段階に入っていません。 iPhone7シャネル Digitimesは、A11プロセッサの生産量今月が開かれているが、ことを報告していたが、iPhoneはおそらく9月8日の後に量産を開始します。 しかし、iPhone 8が、ユーザーはしばらく待ってみましょうするために、Appleはまだ9月に会議を開催することもできます。 シャネルiphone7ケースもちろん、AppleがiPhone 7SとiPhone 7sのプラスに小さな改正を起動することができ、もう一つは打ち上げの後ろに残すために。 一部のアナリストは、Appleが予定さiPhone 8が、機器の最初のボリュームの深刻な不足として販売される可能性があると考えている、と私は1,2ヶ月の通常のユーザーの後にiPhone 7 Plusなどの光沢のある黒、今年のように、購入することを恐れています。 7Plusケースシャネル

特許特許No.9488488号、「拡張現実マップ」と題する特許は、iPhone内蔵センサマッ

特許特許No.9488488号、「拡張現実マップ」と題する特許は、iPhone内蔵センサマッピング、ユーザに現在のマップ点拡張現実環境の視点を提供し使用してマップを導入します。 特許など通りの名前、関心のあるポイント、などのデジタル情報の一部実生活のシナリオ、にマークされることがあり、カメラでスキャンすることが可能であっても、GPSナビゲーションなどのより複雑な操作を実現することができます。 7Plusケースシャネル例えばiPhoneに拡張現実の特性のマップナビゲーションアプリケーションによって開かれたメインカメラを開いた後、ユーザは、システム関連データを自動的等内蔵ジャイロスコープ、デジタルコンパス、および加速度計を含むセンサから読み出され、また、iPhone一体化することができます傾きの角度等を揃えるなど、GPS位置データ、。 収集した情報を使用した後、アプリケーションは、インテリジェントシーンを選択し、ライブ機能を持って近似し、一人称視点を使用しています。 iPhone7ルイヴィトンそして、この特許は、主に画像やビデオキャプチャをアップロードすることによって行われ、拡張現実マッピング情報オフラインダウンロードサーバれます。 例えば、その後、このようないくつかの名前の建物やモニュメントのような単純なPOI標識認識、およびシステムより複雑なアルゴリズムを使用して、Appleインタラクティブ、リアルタイムによる分析ラインを二乗し、シーンの内容を表示します。 人気iPhone7ケース一方、この方法は、さらに道一方通行群データを抽出した後、ユーザーに警告することができます。 システムに係る装置の位置決めをした後は、通常のマップに拡張現実リアリティモードからのシームレスな切り替え、俯瞰視点に一人称ビューから切り替えることができます。 シャネルiphone8ケース 将来的にはAppleの新しいiPhoneの特許は、拡張現実ナビゲーションを使用する場合があります 特許取得済みのiOSに統合の具体的などのような形を通じて未来を特許とし​​て、2011年初頭としてAppleは、アプリケーションを提案したが、唯一のUSPTOによって承認された5年後、アップルは本当に特許を構築するために非常に複雑なようですが、Appleのシステムが不確実です。 Apple CEOのクックは、Appleが強い関心を完全に現実を増強し、そのような特許も正常であることを電話会議で投資家を持っていました。 iPhone7ルイヴィトン 現在、拡張現実と仮想現実が、AppleGoogleの、マイクロソフトFacebookや他の競合企業、および多くの業界アナリストの進歩に遅れをとっており、Appleは非常にユニークな形でAR / VRフィールドを入力します。 Appleは最近、フライバイメディア企業を買収する提案を含め、実際には、また、Appleはすでに動き始めていることを示しています。 エムシーエムiphone7ケース また、このiPhoneは未来がヘッドアップディスプレイのオンボード機能に統合することができれば、現実ベースのマップサービスを増強し、より深い意味を持つことになります。まもなく著名なアナリストクオ明プールの前に、彼は、Appleが自動運転の分野に拡張現実感技術を開発し始めていると述べました。 iPhone7ケース シャネル風 この特許は、2010年2月に特許発明ジャロン・ウォルドマン提出しました。